* Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
* Profile
profilephoto
■HN
■Twitter:Reno_P







qrcode

* Categories
* Selected Entries
* Recent Comments
* Links
* Archives
* Others
* Recent Trackback



れのの徒然


れのです。ACM専属でEDITED-PV・MAD-PVをUPしております。
真センターのACMに限りない情熱を傾けております。
ユニット名は「noir」 編成は 1st:真 2nd:千早 3rd:あずささん
余程のことがない限り、この編成を崩すことはないと思います。

ここは私が作成したPVについての談話や、アイマス関係の話題などを自分のために記録しておくためのスペースです。

アイドル「菊地 真」について

昨日、私が投稿したrelationsを自分自身で眺めていると、背後に弟が居ました。
そこでその弟が一言…


「この真ん中で歌ってるのって男?」





違うわ!!www

こんな可愛い子が

男のハズ

ないだろうがぁ〜〜!!www




ねぇ、皆さん。
そう思いませんか?w
思いますよね!
いや、思ってください!ww


【注意】
これ以降の文章は、あくまで私の好みについてつらつらと述べただけのものです。
無理に共感してもらう必要はありませんし、逆に反論されても困りますw

さて、タイトルがズバリ「真」なのですが、何故急にこんな事を書いたのかというと、relations[TAKE:2]についたコメントに返答したくなったからなのです。
もしかしたら、9:02pm[REMIX-B]60fps版にコメントしてくれた人と同じ人かもしれません。


「真を可愛いとしか見てない自分は異端ですか?」との言葉でした。


色々書いてたら物凄く長い文章になったので、まず結論から述べます。


異端じゃないと思いますよ。
むしろ、私は真の可愛さに打ち抜かれて箱○とアイマスの無印を衝動買いするような人間ですしw
私の中で真が可愛いという事実は揺らがないのです。

PVを作る時も、真のいい表情を逃したくないので、1曲通して真をUPにする、という作業を2,3回繰り返すという工程があったりする程です。
その間はついついニヤけてしまう程です…末期ですw


ただ、今回のこのコメントは、もしかしたら私の作るPVでは、真のカッコよさをクローズアップすることが結構あるからついたのかなって思ったりもするのです。
では、何故私は隙在らば真のカッコよさをクローズアップするのか…その事について述べてみたいと思います。


先程も言った通り、私は真の可愛さに打ち抜かれて箱○を衝動買いしました。
当時、ニコ動にアイマス動画が増えて来て、興味がなかった私の目にも、動画のサムネが目に付くようになってきました。
凄い人気だな〜って思いながら、「食わず嫌いは楽しみを逃がす!」という別の信条があるので、色々な動画を見てみました。

色々な曲があって、色々な衣装があって、色々なキャラが居て。
千早とあずさの見分けがつかなかったり、エージェントの例の部分の振付を踊っている雪歩を見て「なんか性格悪そうなキャラだな〜」と、全く正反対の印象を持ったりしてw

そんな中で、出会ってしまったのですよ。
菊地真に。

真ファンなら大体の人が知っているであろう「きゃのんP」さんの「My Best Friend」を見てしまったのが、私をこの道に踏み込ませた原因なのですw

衝撃でしたね。
「なんだこの私の好みど真ん中のキャラは!!」って感じでした。


即死でしたw


そこが私のスタートです。
久しぶりにその動画を訪れてみると「真ファンの聖地」というタグがついてました。
真ファンの聖地で誕生した「れのP」なのですw


いや、話逸れかけてますね。
つまり、やはり私も真の可愛さにやられて、それ以降の散財を約束された訳なのです。
箱○なんて買う予定のないハードを衝動買いする程、真が気に入ったのですよ。
気持ち悪いかもしれませんが、事実なので仕方がないですw

さて、何が言いたいかと申しますと、ここまで真のカッコよさについては全く触れていません。
私の始まりに「真=カッコイイ」という感情はありませんでした。

厳密に言えば今でも「真=カッコイイ」とは思っていません。
でも、「真ってカッコイイですよね!」とか「やはり真はかっこよく」なんて言葉は何度も言ってます。

おかしいですよね。
でもおかしくないんですよ。


アイマスをプレイし始めてから、初めて真の性格や仕草、振る舞い等の部分が見えてくる訳ですよ。
この時に時々見えるのです、真のカッコよさが。
でも、見た目的には可愛いままです。

確かに凛々しい表情をしたりもしますし、その表情が好きだったりします。
Da系衣装が凄くカッコイイし、イメージカラーも黒でカッコイイ。

でも…なんだかんだ言っても、やっぱり根底にあるのは「可愛いな〜」という感想だったりします。


そこで気付いたのですよ。
真は可愛い、それは揺らぎようのない事実。

ただ、真ってカッコよく見ようと思えばカッコよく見えるキャラなんだなって。


確かに、アイマスキャラで一番かっこいいのは誰?と聞かれると、私は真と答えるでしょう。

それに気付いてから分かりました。


きっと私の中で、真のカッコよさは相対的なもの。


そして真の可愛さは絶対的なものなのでしょう。



そういう違いがあるんだなって思ったのですよ。
そして気付きました。

カッコイイ曲はカッコよく、可愛い曲は可愛く、明るい曲は元気よく。
これらを明確に歌い分ける歌唱力を持っている真。

でも、それだけではなく、ビジュアル的にも違和感なく使い分けられているのでは、と思うのです。
カッコイイ曲も可愛い曲も、明るい曲も、シリアスな曲も、全ての曲に対してビジュアル的に違和感が生まれないと思うのですよね。
他にもそういうキャラが居るとは思いますが、この部分は真の”長所”だと捉えます。


なので、その長所を生かせるような構成にするのですよ。
UP視点の表情も、なるべくそういうコンセプトを持って選んでいるつもりです。

カッコよく見ようと思えば見える、でもやっぱり可愛い。
これは私の二つの迷走Mindを見れば一目瞭然ではないでしょうか。
衣装とコンセプトが変わっただけで、カメラはほとんど変えてないのに、あんなに印象が変わるのですよ。
勿論他のキャラだって変わるでしょうが、真ほど両極端な変化は生まれないのではないでしょうか。
私はそう思っているのです。

私だけが感じている感情かもしれませんが…最早これは「真マジック」なのです。
だから、私はこういうスタンスでPVを作り続けているのです。



長くなりましたが、こんな感じです。
なので、可愛いとしか見てないからと言って、異端だとは思いません。


だって、私も似たようなものなのですから。
必死でカッコよく振る舞わせないと、可愛くしか見えないのです。


だからきっと……私は迷走Mindで真にウィンクさせなかったんですよ。


ウィンクを入れると折角シリアスに作り上げてきたものがコミカルに見える、というのが当時の理由でした。
でも、良く考えると、そうではない事に気付いたのです。


コミカルに見える訳ではなく、「可愛い」と思ってしまうからだと。



と、まあ私の考えはこんな感じなのです。
コメント書いた方がこのblogを見てくれている可能性は極めて低いとは思いますが、見て頂ければ幸いです。



次にやる予定の曲は「いっぱいいっぱい」か「スタ→トスタ→」です。
どちらも元気いっぱいな曲です。

この曲にかっこよさは必要ないので、可愛く仕上げますよ♪

2009.10.27 Tuesday * 19:44 | noir | comments(5) | trackbacks(0)
Comment
異端と思う人が居たんですか!?
…、自分で言ってて寒い洒落。orz

私が『真』と出会ったのは、アイマス初プレイの時でしたね〜。
何の前情報も無くゲームを稼動して、何となく選んだキャラが『真』でした。w
最後までプレイして、最初の印象とはうって変わって『見た目がカッコイイって感じより心がカッコイイ』ってキャラなんだなぁって印象でしたね。
その後、他メンバーはどんな感じなんだろう?ってプレイしていったりニコで他PさんのPV(特に『みんくPさん』)見たりで、最終的には『りっちゃん』を何度もプロデュースしてる自分が居ました。ww
勿論、他メンバーも好きなんですが。^^
プロデュースしていくと、どのメンバーにも愛着沸いてくるんですよね〜。
ただ『真』を最初にプロデュースした事によってその後のプレイものめり込めたんじゃないかな?と言う思いから、『りっちゃん』の次に思い入れのあるメンバーでもあります。w

気づかれたとは思いますが、今まで私がUPしてきたノーマルPVは200件以上になりますが、デュオでの『律子&真』って言うのは一個も存在しません!w
アングルやパート分けの葛藤に心底苦しむからです。ww
そんな贅沢、私には恐れ多くて…。>_<
何て考えちゃう自分に乾杯!(意味不明に〆)
三毛猫P | 2009/10/27 10:47 PM
>きっと私の中で、真のカッコよさは相対的なもの。
>そして真の可愛さは絶対的なものなのでしょう。

わかる!わかります!そのとおりなんです!
やべぇ、共感しちゃいましたよ!3人のなかで、一番可愛いのは真!これは間違いなし!だから、可愛い曲は全部センター真なんです!

あ、でも、私の中では千早とあずささんもおんなじぐらいカッコよくて、可愛くて、誰かに決められない自分がいます。(あぁ、後ろにいる二人から刺すような視線が…。)

なんて、妄想が一番好きです。はい。まぁ、仲良くみな病気ということでw。

実は千早とあずささんは、それぞれはまるきっかけになった動画があるのですが、真はないんですよねぇ。だって、「ショート&ボーイッシュ」って自分のストライクゾーンど真ん中に理由なんていらんでしょ!w
みやま | 2009/10/28 3:20 PM
おお、この記事には流石にコメントは付かないだろうな〜って思いながら書いたのに、反応があって嬉しいです!w

>三毛猫Pさん
やはり真前とかいう言葉が出来たりするくらいだから、真のカッコよさは目立つのでしょうね。
だから可愛いとしか見てない事を異端なのかもという感じを抱いたんだと思います。
…ちょっと苦しいかな?w

三毛猫Pさんも最初は真プロデュースだったのですか!?
しかも事前情報がない状態で、ですか…やはり真には人を引き付ける魅力があるのですね!(解釈無理やり)
でも、三毛猫Pさんの言葉に同意です。
「心がカッコイイ」
そうなんですよね、考え方とか、ちょっと熱い所とか、そういう外面では推し量れない場所に、真のカッコよさって潜んでるのですよね。

実は私も事前情報はアイドルの外面だけでしたので、ショートヘアが好きな私は無印では「真ソロ」「雪歩&美希(フラグ立て目的)」「美希(覚醒)&真&雪歩」の三通りしかプレイしていないのですよね(汗
それ以外のキャラの性格とか口癖は、ノベマスや架空戦記から得た知識しかないのですよ。
でも、三毛猫Pさんのコメントを読んで、各キャラの事、もっと知った方がいいなって思いました。
それ以外のキャラはL4Uで初めて使ったって感じなのです。
でも、今は久しぶり無印起動して千早やあずささんをプロデュースしたいなって思ったりしてます。

デュオってまだ無印でしか手掛けた事がないのですが…確かに難しそうですね。
私はアシンメトリーなカメラワークになるのが苦手だったりするので、センターがいないとカメラワークが上手く組めないかも?w
なので逆に真を贔屓したいのに出来ないなんて…って感じになりそうですw


>みやまP
そんなに強く共感頂けるとは!!
いや、本当に同意見の人がいて嬉しいです!
そうなんですよね、やっぱり真は可愛いのです!w

>可愛い曲は全部センター真なんです!
そう、そこなんです!私がみやまPのPVで「どうしてもこの曲は真センターがいいな」って思ってる曲を、尽く真センターに据えてるのを見て、凄く共感したのですよ!w
Do-Daiやふるふる、ごまえやキラメキラリ。
均等に振っているので全てがという訳でもないのにこの満足度!って感じでしたw

妄想が好きなのは私も同じかもしれませんw
だからこそ、真誕生祭の時にあの脳内劇場が展開された訳でしょうし…でも、ずっと同じユニット手掛けてると、そういうイメージが沸いてきますよね。
それも1つの楽しみ方だと思います。

>自分のストライクゾーンど真ん中に理由なんていらんでしょ
まさしく!!ww
私はアイマスの存在を動画で知ったので、きっかけの動画があった訳なのですが、それを見てから箱○購入決断までの時間は早かったですね。
やはり、真の人を引き付ける力は半端ないのですよ!

最後に、前にユニット名の話を聞いた時に、真のソロをまず手掛けたという話でしたが、それが無印初プレイだったりします?
いや、もしそうだとしたら、この記事に集まった三人みんなスタートが同じなんだなって思って興味が沸いてきたりしてますw
れの | 2009/10/28 6:49 PM
>最後に、前にユニット名の話を聞いた時に、
>真のソロをまず手掛けたという話でしたが、
>それが無印初プレイだったりします?

たうぜんです! いや、すごいですね!みな一緒とは!

ちなみに、
「異端と思う人が居たんですか!?」
三毛猫P、激しく笑わせていただきました!そうです!異端と思う人が異端です!
みやま | 2009/10/28 7:25 PM
>みやまP
おお!やっぱりそうでしたか!!
三人共最初は真プロデュースだったのですね。

いやいや偶然とはいえ、何か楽しいですね、こういうの。

初めてプレイした時や一日署長コミュを見て萌え殺されそうになったのもいい思い出ですw

真でPデビューした人がここに3人"居たん"ですって感じで(酷い)
れの | 2009/10/28 9:03 PM









Trackback URL
http://renoir1111.jugem.jp/trackback/98
<< relations[TAKE:2] | main | ニコ動リニューアル&徒然 >>