* Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
* Profile
profilephoto
■HN
■Twitter:Reno_P



qrcode

* Categories
* Selected Entries
* Recent Comments
* Links
* Archives
* Others
* Recent Trackback



れのの徒然


れのです。ACM専属でEDITED-PV・MAD-PVをUPしております。
真センターのACMに限りない情熱を傾けておりましたが、この度新メンバーが追加になりました。
ユニット名は「noir」 編成は 1st:真 2nd:千早 3rd:あずささん 4th:のり子 5th:静香
余程のことがない限り、この編成を崩すことはないと思います。

ここは私が作成したPVについての談話や、アイマス関係の話題などを自分のために記録しておくためのスペースです。

LTH合作最高かよ!><
先日、無事エンディング投稿とお疲れ様生放送が終わり、
LTH合作が大団円を迎えました。










いち視聴者として、主催のミンガムさん始め、全てのスタッフ、動画製作者にお礼を言いたいと思います。
最高の合作を見せていただき、本当にありがとうございました。
もう見てる間は興奮しまくりで、Viが投稿されてから寝るまでは、ずっと周回視聴をしていましたw
圧倒されるというかなんというか。
もう頭空っぽにして見ても、色々考えながら見ても楽しめる素敵な作品になっていると思いました。
またミリオン楽曲が大好きなので、メドレーを聞いてるだけでも十分に楽しめるようになってると思います。

なので、まだ未視聴の方がおられましたら、是非是非ご視聴くださいませませ!><


そして、私事なのですが。
Vocal Theaterの方で、千早パートを担当させていただきました。


その件については十分な改行の後に書きますね。
 





























■オファーについて

正直、私レベルのPはもうお呼びがかからないだろうなって思ったりもしていたのですが、再び、こうして呼んでいただけたことに感謝の念しかありません。
私はカメラに特徴のある刺激的なPVなら作れるかもしれませんが、誰かの心を打つようなPVは作れない自負があるのですよね。

だからこそ、そんな私にオファーを頂いた時はもう本当に嬉しくて嬉しくて!

スカイプのメッセージでオファーを頂いたのですが、最初にそれを確認したのが羽田着陸後の飛行機の中だったことをよく覚えています。
もう飛びかかる勢いで「是非やらせてください!><」と返信したのを覚えております。

真パートだろうと千早パートだろうとあずささんパートであろうと。
それ以外の誰かであろうと(その場合は別名義で)参加したいと思っていました。


・・・ミリオンが好きだから。


そして、私の担当が千早パートであることを聞いて、2つの意味で気合を入れないと、と思ったのです。
1つは、担当が千早だということ。
もう1つは、2015年の千早誕生祭で既にJBMを作ってしまっていること。

とにかく1つ目の要素が凄く重かったというか。
多くは語りませんが「納得してもらえるようなものが作れるのかな・・・」と心配になったものです。

でもね、もう開き直っちゃいました。

私はPVに対して、キラキラな装飾も、派手な演出も、センスある場面転換も出来ません。
それでもオファーを出していただけたということは、そういう部分を無理に出さず、いつも通りであればいいのかなって。
私が持ってる数少ない武器だけを、極限まで効率よく使用して作るというスタンスで挑みました。

既にJBMで作ってしまっているという部分に関しては、プラスに考えました。
一度やっているからこそ、「個人的にベストと思える部分や、改善が必要な場所が見えるんだ」って気持ちでやらさせていただくことができました。

というか、ミンガムさんより「LTH合作のために、もう一度千早をステージに立たせていただけませんか」って言われて、断るすべは一切持ちえませんでした。
LTP合作の時の恩もありますので、ミンガムさんには感謝の念しか抱いておりません。
なので、後ろ向きな気持ちは0.000000001%も存在しませんでした。

むしろどんとこい超常現象!(元ネタあり)


■「Just be myself!!」という曲について

曲的には過去を振り返って、それらを受け入れて、前を向いて進んでいくという歌詞の曲。
それを千早が「ありのまま」として歌う曲。
端的に言うと、「一皮むけた千早」の曲なのかなって。
初めて聴いた時はもうポロポロ泣いてしまったものです。

個人的に物凄く重要な曲だなって思っていた矢先、渡されたメドレー音源を確認していると・・・


はあああぁぁぁぁ!!?

「なんでトリの前なのよーーー!!!><」


「私なんか終盤では活きないぜベイベー、ヒャッハー!><><><」

「前がプラリネで次が未来飛行だと!?ふざけるな!!!うえぇwwうええええっっwwww」


みたいな感じでやる気十分・気力充実♪
(曲的にやっぱりそうなるよなぁ、って思ってたのでご安心くださいw)



■重要視した部分

まず動画を作る上で真っ先に用意したものは、仮組み用素材でも音源でもなく、
「Just be myself!! 如月千早」のカード絵でした。
「もうこのカード絵は使うっきゃ無い!!」という感じで。
まずはどのくらい拡大させるか、とか、フォーカスどれくらいあてるか、とか、曲のどの部分に配置すると一番映えるかなとかの模索から始めました。

まずはそこありきで他の部分を詰めていった感じです。

終盤で衣装を千早専用衣装に変えたのは、表向きはPVの衣装をカードの絵柄に寄せるため。
裏向きは、衣装チェンジという変化をPVに施すことで、次にやってくるカード絵のカットインへの油断を誘うため。

「何が来るのかなーor何も来ないのかなー」という状態でカード絵のカットインを入れるのではなく、「衣装変わった!?」という新しい感情が入った瞬間を狙うと行った感じで。
ワンツーパンチみたいな?w

一発目は二発目を当てるための布石でしかないのだよ!(キリッ

あと、最後の振り付けが誕生祭の時のままなのは、既にここが評価をいただけている場所だとわかっていたからです。
ちは誕の時のコメントでそれが既にわかっているから、そのまま採用させていただきました。
これが一度やっている強み、ですかね?w


あとは笑顔を重視しました。
とはいえ、要所要所の決めで笑顔を使うという感じではなく、合間合間の楽しそうな表情を抜き出す、というイメージの方が近いのかも。
とにかく、千早が歌だけではなく、ステージそのものを楽しんでいるような。
そんな様子を表現したかったのです。

これも、動画のコメントを見ていると、上手く表現できたのかな、と安堵している所です。


■衣装と会場の話

衣装は全員青、いえ、蒼にしようと決めてました。(←深い意味は無いですw)

でもやっぱり、少しでも見慣れない衣装にしたいなって思ったので、2013年の千早誕生祭で身につけた技術を、ここでもう一度使おうと思ったのです。

なので必然的に会場はあの場所に。
背景に黄色いものが極力存在しない会場にしないと、マスク処理とか、た、大変だから><
(※わからない人向けに言うと、黄色い部分が全部蒼になっちゃうフィルターをかけてる影響です。)

でも、アウトドアブルーも意外と蒼い色が印象に残るのでちょうどいいかなって。

また背景が全体的に黒っぽい色で構成されているので、衣装の蒼が目立つ結果になったかと思います。
これは今回のコメントでも「一気に青くなった」とか「蒼い」というコメントが散見されるので、目論見通りになったのではと胸をなでおろしている所です。



■想いのはなし

正直ね。
常々思っていることなのですが。

私の手掛けるユニットには間違いなく千早が存在します。
ユニットとの付き合いはもうすぐ7年になりますし、長いほうだとは思いますし、メンバーの誕生祭こそ欠かさず形にしてきましたが・・・でも、普段は真がセンターに居る訳で。


だから、そんな私が千早を任されていいのかとも思ったりしたわけです。


でもね、そんなの関係無かった。
だって心からやりたいって思ったのですから。
JBMを歌う千早を、もう一度表現したいって思ったのですから。

だから、気にせず私なりに表現させてもらいました。


千早の過去ではなく、これからの千早を語るつもりで。


だからね。
いま動画に付いているコメントとか、ツイッターでの反応が。
とても・・・とても嬉しいのであります><

この記事の序盤に「(私は)誰かの心を打つようなPVは作れない自負がある」と書きましたが、そんなこともなかったようで・・・><


独りよがりでもいい。
でも、もし誰か1人にでも届けば万々歳。

そんな私のデビュー時の目標を、忘れてしまっていたようです。


なので、本当に大切なモノを見直せる合作となりました。
こんな素敵なステージを用意してくれた運営の皆さん、本当に、本当にありがとうございました!



■最後に

本当に参加者の皆様、素敵な動画をたくさん見せていただきありがとうございました。
出来上がってくる仮組みを拝見しながら、モチベーションアップに繋げていました。
みんな本当にすごすぎだってヴぁー!!><
上がるモチベと、下がる自信の管理が大変だったじゃーん!!(←知らんがな)


あと副主催のハバネロさん。
直前生にて私のパスを華麗に決めていただきありがとうございました。
仙台で張った伏線が、こうも綺麗に決まってしまうとはって感じで、爆笑しながら聞いてましたwww


最後に主催のミントガムさん。
本当にお疲れ様でした。
ミントガムさんが主催だったから、私は安心して参加することができましたよ。
そして、千早パートへのミンガムさんのコメント。
後生大事にしていきたいと思います。
普段から自信が全く持てない私が、少しばかり自信を持てるようになった言葉でした。
本当にありがとうございました。
そして、お疲れ様でしたっ!



以上、れのでした。
またね♪ キャハッ!

 
2016.02.29 Monday * 01:49 | ACMでMADシリーズ | comments(0) | trackbacks(0)
Comment









Trackback URL
http://renoir1111.jugem.jp/trackback/414
<< イメージするための記事 -千早編:2016年- | main | arcadia [リメイクVer] >>